2007年11月02日

インド式計算…じゃなくて、インド式税金取立て方法

ちょうど1年前の今頃になりますが、インド式計算が生まれた国、インドのビハール州では、ちょっとユニークな税金取立てるんるんが始まりました。日本のどこかの消費者金融のように脅したり、とある国営放送局のように一部の人間だけを抜き出して裁判所に訴えたりするのとは、ちょっと違います。と言っても、人を雇って税金を取り立てることには違いないのですが、ビハール州の税務署が雇ったのは、
 
ヒジュラexclamation×2


ヒジュラとは、「去勢した男性」とか「性転換した人」、「両性具有の人」などを意味するのですが、…ようするに、ニューハーフですね!!

そんななまめかしいお兄さんたちがサリー(←女性の民族衣装です)を着て、税金を滞納している店に集まて、歌って踊って大騒ぎ…るんるん

ちゃんとこれで効果があるらしく、わずか数時間で42万5000ルピー(約112万円)もの未払い分が徴収されたそうです。

ところで「ヒジュラ」とは、どんな存在なのかと言うと、ただのニューハーフではありません。ヒジュラというのは、子供の誕生祝いや結婚式などの場に出かけていって、 民謡や流行の歌や踊りで場を盛り上げ、祝福してまわる存在で、「神の使い」ないし「生き神」のように考えられてきました。ヒジュラは人々を祝福し、人々はお礼にお金やサリー、砂糖、小麦粉などをヒジュラに与え、地域の生活は成り立っていました。

しかし現在、結婚式はホテルなどで行なわれることが多くなり、ヒジュラの出番が減ってしまったのです。仕事を失ったヒジュラたちは、日常的に町に出て、商店や一般家庭を回って、商売や家族の繁栄を祈って稼ぐようになりました。しかし都市部で物乞いや売春する者が現れるようになると、次第にヒジュラは人々に蔑まれるようになり、そのため本来の仕事が更に減るという悪循環に陥ってしまったのです。

そう、このインド式税金取立ての影には、移り行く社会環境の変化があるのです。
posted by indoshiki at 07:31| Comment(0) | TrackBack(0) | インドのあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月22日

インド式計算で、1ドルはいくら?

海外旅行に、電卓は持って行かない」。でも、計算はする…?!
と言うわけで、試しにインド式計算してみました! お題は、「気になった商品は3.99ドル。これって、日本円でいくら?!」。(1米ドル=115.22円)

計算式は、もちろん 115.22 × 3.99 = ? 
ですが、市場での交渉には「大体いくらか」掴めればいいので、1ドル=115円として計算します。そして、同じく商品代も、3.99ドルじゃなくて「4ドル」として計算。
つまり、 115 × 4 = ? を解けばいいわけ。

そして、ここでインド式計算が登場〜!! 
…と言うか、「インド式計算」の発想法が登場。いきなり115を4倍しちゃうのではなく、
115を「100と15」に分解しちゃいます。

115 = 100 + 15

で、それぞれ4を掛けて、足す。

100 × 4 = 400
15 × 4 = 60

400 + 60 = 460

はい! 3.99ドルは、日本円でだいたい460円ということが判りましたね!
もしきっちりとしたいなら、(3.99ドルのところを4ドルとして)多めに掛けた分(0.01ドル)を引けばいいのですが、0.01ドルは、1ドルの100分の1です。と言うわけで、115円の100分の1… 1.15円を引いたら、458.85円。小数点以下は四捨五入して、458円! ですね♪

やっていることは同じなのですが、インド式計算を使うとラクラク暗算できちゃいまするんるん
ラベル:インド式計算
posted by indoshiki at 03:54| Comment(1) | TrackBack(0) | インド式計算 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。