2007年10月19日

海外旅行に、電卓を持って行く?

ちょっと「インド式計算」から離れる気もしますが、
海外旅行に電卓を持っていきますか?

実はgooが調べた「海外旅行に持っていくと便利だと思うアイテムランキング」トップ10に、ギリギリですが入っているもの… それが電卓なんです。通貨換算機能付きのやつ。
(はぁ〜、ここで「インド式計算」知っていれば、いらないのに。。)

持っていく理由は、私もつい、「これ、日本円だったら、いくらなんだろう?」と思って計算(もちろん、暗算ねるんるん)してしまいますから、わからなくもないのですが、でも実は、電卓は、私が“絶対持って行かない物”の1つだったりします。

だって、「危ない」から。


ただでさえ見知らぬ土地に行くのが、「海外旅行」というやつなので、となれば、置き引きやスリとしては、勝手知ったる現地在住者よりも不慣れな旅行者を狙うのは、当然でしょう。でも彼らも、旅行者全員を「カモ」と見ているわけではありません。彼らが狙うのは、「不慣れな」旅行者です。

では、どこで「慣れた」旅行者と「不慣れな」旅行者を見分けているのか?
その1つが、「電卓」です。よく「地図」や「ガイドブック」を挙げる人もいますが、これは旅慣れた人でも開きます。ポイントは、「その町」に慣れているか…ではなくて、「旅」に慣れているか。そう、海外旅行に慣れた人は、電卓を持ち歩きませ〜ん!
(いや、そりゃまさか、全員がインド式計算テクニックを知っているから…じゃないと思うけど、あ〜・・ でも、インドからイラン経由でトルコ入りする人、多いよなぁexclamation

これ、計算する必要が無いからじゃないですよ? むしろ、すっごく計算してます。宿代の交渉をするときとか、スーパーでの買い物、市場で値引きを迫る時、どの旅行会社の現地発ツアーが安いか… 
などなどexclamation×2

厳密な計算はしていませんが、概算はしています。「だいたいどれくらいか」さえ判ればいいので。でも、さっさと答えを得たいので! そんな時に使っている計算テクニック(?)が、インド式計算でも紹介されていたのでした…。チャンドラニさん(←「インド式計算」の紹介をしている人)も言っていますが、「市場での値引き交渉は、やり取り次第。すぐに答えを出さないと、勝てませんよ〜」exclamationってね。
posted by indoshiki at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | インド式計算 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/61398265

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。